医薬品とサプリメントの違いとは?

シミやシワといった肌の悩みを抱えた時、頼りになるのがロスミンローヤルです。

芍薬やニンジンといった9種類の生薬、ビタミン、アミノ酸など全てで22種類者有効成分が入っており、服用すれば肌の新陳代謝も活性化していきます。

 

肌の悩みを抱えているときには、サプリメントを飲むとよいとされていますが、ロスミンローヤルのような医薬品との違いは何かというと、医薬品は治療や予防のために使用するもので、その効果・効能を商品の説明に書くことが出来ます。

対してサプリメントの方は、健康に良い栄養が含まれているとしても、それは治療や予防のためではなく、足りないものを補助するために服用するもので、効果や効能を商品の説明に書くことは出来ません。

 

万が一、効果効能を書いてしまい、消費者に過度な期待を持たせてしまったら、薬事法違反として処罰されることになります。

医薬品として販売されるためには、目的以外にも品質に違いがり、法律に則って製造段階から厳しい基準に従ってつくられており、含有量や副作用などの安全性も十分に検査を行っています。

それゆえに、どの会社の商品でも期待できる効果を一定の品質で得られます。

それに臨床試験ではその効果・効能が本当にあるのかを確認していますから、服用した時に期待される効果・効能には化学的な根拠があると言えます。

 

サプリメントでも同じ成分が大量に含まれていることもありますが、法律で規制されることはなく、品質はメーカーごとにばらつきがあります。

臨床試験で効果・効能が確認されていなくても、販売できるので、商品の説明で解決したい問題を解決できないかもしれないのです。

成分の中には、医薬品でなければ含むことが出来ない成分というのもありますから、その点でも、品質が高いといえます。

 

もちろん、あまりにサプリメントの品質が悪くて、宣伝文句に偽りありとなれば、景品表示法などの法律にひっかかるので注意が必要です。

 

販売するのも医薬品は第一類、第二類、第三類と分かれています。

第一類は薬剤師のみ、ダニ類と第三類は薬剤師化登録販売者のみに販売が許されています。

専門家の手を経なければ購入することが出来ないということで、安全性は更に高まります。

このような違いがあるので、肌の悩みを解決したいというときにロスミンローヤルを飲みたいけれども、もっと安いサプリメントで我慢するということをしてしまったら、結局何も解決しない可能性があります。

 

肌トラブルを根本から治したいと考えているのであれば、安心して飲めるロスミンローヤルを選んだほうがよいのです。