ロスミンローヤルとハイチオールCプラスの違いは?

ロスミンローヤルとハイチオールC、どんな違いがあるでしょうか。

前者はシミやクスミだけでなくしわやたるみ、肌荒れなどにも有効です。

 

この医薬品によってターンオーバーが促されます。

ターンオーバーが促されると、シミやしわ、肌荒れなどが改善します。

 

細胞の活性化も期待することができます。 後者はシミに有効な医薬品です。

値段はロスミンローヤルの方が高いです。 30日分の270粒入りのもので約4.000円です。

通販限定のものですから別に送料もかかります。 ハイチオールCは30日分の180粒入りのものを、ドラッグストアなどで2.500円ほどと格安で購入することができます。

 

効果については、ロスミンローヤルはシミやしわ、そばかす、ニキビに対する効果があります。

肌荒れ、また肩こりや腰痛、冷え性に対する効果もあります。 のぼせや耳鳴りにも有効です。

また、妊娠中、授乳中、病中病後などの場合に取り入れれば、必要な栄養を補給することができます。

 

この医薬品は妊娠中、授乳中に服薬しても良い安全性がとても高いものです。

ハイチオールCプラスの効果は、シミ、そばかす、ニキビ、また日焼けなどの色素沈着症に対する効果があります。

湿疹、かぶれに対する効果もあります。

 

そして、二日酔いも改善します。

どうして二日酔いが改善されるかと言えば、アルコールが分解される時に生じる、二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドの分解が促されるからです。

 

配合されている成分については、ロスミンローヤルにはニコチン酸アミドという皮膚、粘膜を正常な状態に保ったり、血行を促す作用がある成分が入っています。

リボフラビンというニキビ、肌荒れ、にきび、口内炎などに対する作用がある成分も入っています。

 

どちらの医薬品にも配合されている成分は、L-システイン、アスクロビン酸、パントテン酸カルシウムです。

L-システインには色素沈着の原因であるメラニン色素の生成を抑える作用があります。

 

パントテン酸カルシウムは皮膚の健康を助けるものです。

アスクロビン酸はシミ、そばかす、日焼けなどによる色素沈着症を改善するものです。

シミを重点的にケアしたいという人にはハイチオールCをおすすめします。

 

しわを重点的にケアしたいという人、また妊娠中、授乳中の人には、安全性がより高いロスミンローヤルをおすすめします。

例えば美容クリニックのヒアルロン酸注入でしわを身体の外側から改善しても、その効果は6ヶ月ほどです。

これらの医薬品を活用すれば、身体の内側から改善することができます。