ロスミンローヤルとキミエホワイトの違いは?

ロスミンローヤルはたるみ、しわ、またシミ、クスミに対する効果を期待することができる医薬品です。

第三類医薬品なので副作用などのリスクも低く、通信販売することも認められているものです。

 

スーパーやコンビニでも販売することができます。 この医薬品とキミエホワイトを比べてみましょう。

例えばシミ、クスミなどの改善だけでなく疲れも取りたいという場合は後者がおすすめです。

生薬を好む人には前者がおすすめです。 この2つの医薬品に含まれている成分は何でしょうか。

ロスミンローヤルについては、13種類の有効成分と9種類の生薬が配合されています。

例えばアミノ酸が配合されています。 アミノ酸はシミやしわに対する効果が特に高いものです。

生薬については、血行や代謝を促すものも含まれていますし、冷え性を改善するものやターンオーバーを促すものも含まれています。

 

非常に優れたローヤルゼリーも配合されています。

また、血行や代謝を促す作用や抗酸化作用があるビタミンEも含まれています。

キミエホワイトについては、ビタミンCなどが豊富に含まれています。

 

ビタミンCはシミ、クスミに対して作用するものです。

このビタミンCとビタミンEを一緒に摂ることをおすすめします。

 

他にもLーシステイン、アスコルビン酸、ニコチン酸アミド、リボフラビンも含まれています。

なおこれらの成分はロスミンローヤルにも配合されています。

 

配合されている量については、L-システインはどちらも同じ量です。

ニコチン酸アミド、リボフラビンは、わずかですが、キミエホワイトの方が多いです。

アスコルビン酸はキミエホワイトの方がかなり多いです。

 

ロスミンローヤルが180ミリグラムなのに対して、ミエホワイトは500ミリグラムも入っています。

値段についてはどちらも高めです。

ですが、例えば血行や代謝を促す生薬、冷え性を改善する生薬などが含まれている優れたものですから、それだけの価値は充分にあると言えるでしょう。

 

飲み方に関しては、ロスミンローヤルの場合、1日3回です。 食後に3錠ずつ飲みましょう。

キミエホワイトの場合も1日3回です。 食後に2錠ずつ飲みましょう。

 

医薬品ですから、必ず正しい用法、容量を服薬してください。 また、何ヶ月か継続して飲みましょう。 続けているうちに効果を実感します。 しわやシミには化粧品で身体の外からアプローチすることも大事です。

 

ですが、身体の中からアプローチすることも同じように大事です。